雑学・うんちく・裏ワザを紹介するブログ

知って得する雑学・うんちく・裏ワザ

学問 科学

仲の良い夫婦と言われるオシドリ夫婦の実態とは

投稿日:

WikiImages / Pixabay

カモの仲間であるオシドリ。オスとメスがつがいで水辺にたたずむ姿が愛らしいですね。

仲の良い夫婦を「おしどり夫婦」と表現することで、結構なじみの深い鳥です。

その実態は・・・。

オシドリの世界は一夫一婦制ではあるそうです。

ただし、夫婦である期間が非常に短いそうです。

仲むつまじく見えるオシドリのつがいですが、相手は毎年変わっています。
晩秋の季節になると、オシドリたちは水辺に集まってきて群れをつくり、カップルが誕生します。
ところが、越冬するとつがいはすでに解消されます。

そして、年が明けて1月から2月にかけて日が長くなってくると再び新しい相手を求めてつがいをつくりはじめます。

つまりオシドリの夫婦関係は非常に短いのです。
交尾のあとにメスが卵を産み、育て始めてからのオスの行動も冷ややかです。

メスは一生懸命温め、子育てをしている間に、オスはどこかへ遊びに行ってしまいます。

つまり本当のオシドリの夫婦は、実際は「おしどり夫婦」とは言えないということです。

記事下

記事下

-学問, 科学

Copyright© 知って得する雑学・うんちく・裏ワザ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.