雑学・うんちく・裏ワザを紹介するブログ

知って得する雑学・うんちく・裏ワザ

生活 科学

ショック!父親のおなかから生まれる赤ちゃん?

投稿日:2017年11月10日 更新日:

赤ちゃんは母親から生まれるもの。そんな固定観念が私たちにあります。

しかし、父親から生まれる赤ちゃんがいるのです。

 

それは
タツノオトシゴ

卵を産むのはメスなのですが、その卵をオスのおなかにある育児嚢というおなかの袋に産み付けます。メスが育児嚢へ生む卵の数は一度に数百個に及びます。
そこにオスが精子を放出して受精させるのです。
オスは受精卵を育児嚢の中で抱えて過ごします。
卵が育児嚢で付加すれば、腹部を岩などにこすり付け外に押し出します。
これが出産になります。
出産前のタツノオトシゴのおなかはぷっくりと膨らんで、人の妊婦のようになります。
オスが妊婦ならぬ妊夫として頑張っている一方、メスはというと。。。。卵を産み付ければどこかへ行ってしまうそうです。

3527861 / Pixabay

記事下

記事下

-生活, 科学

Copyright© 知って得する雑学・うんちく・裏ワザ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.