雑学・うんちく・裏ワザを紹介するブログ

知って得する雑学・うんちく・裏ワザ

生活

肉じゃがのルーツはビーフシチュー?

投稿日:2017年10月30日 更新日:

東郷平八郎が部下に命じてビーフシチューを作らせた結果・・・

肉じゃがの生みの親は、ロシアのバルチック艦隊を破って日露戦争を勝利へと導いた海軍軍人の東郷平八郎と言われています。

東郷は、明治4年から11年(1871〜78)まで、イギリスに留学していました。

帰国後、広島県の呉と京都府の舞鶴に赴任し、その頃留学中に食べたビーフシチューを懐かしんで、部下に作らせようとしたそうです。

ビーフシチューづくりを命じられた部下は、ビーフシチューがどんな料理家全く知らず、シチューづくりに使われるワインもありませんでした。

そこで東郷は、牛肉とじゃがいもと玉ねぎを醤油と砂糖で調理させました。醤油と砂糖で味付けして煮込めば「肉じゃが」ですね。

これが「肉じゃが」のルーツになります。

ビーフシチューとは全然違いますが、食べてみるとおいしいので、肉じゃがは海軍で食べられるようになり、人気のメニューになったそうです。

 

記事下

記事下

-生活,

Copyright© 知って得する雑学・うんちく・裏ワザ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.