雑学・うんちく・裏ワザを紹介するブログ

知って得する雑学・うんちく・裏ワザ

生活 言葉

「破天荒」の使い方間違っていませんか?

投稿日:


 間違った意味が広まった言葉は枚挙に暇がありませんが、「破天荒」もその一つといってもいいでしょう。

 テレビなどでもよく「破天荒な人生」「破天荒な性格」などと、「豪快で大胆な様子」の意味で使っており、多くの人がそのように解釈しています。破天荒とは正しくは「誰もなしえなかったことをすること」です。
 そもそも「天荒」とは、雑草などがはびこる未開の土地のことを言います。唐代の中国で官吏採用試験の合格者が一人も出ず「天荒」と呼ばれていた荊州(けいしゅう)に、大中(だいちゅう)年間(847〜860)、劉蛻(りゅうぜい)という及第者が初めて出ました。

 つまり、この「天荒を破った」という故事から、それまで誰にもできなかったことを成し遂げることを「破天荒」というようになったのです。

まとめ

 なんとなく、破天荒という文字の印象からだと天を破り荒れ狂う、みたいなイメージを連想しそうですがたいへん立派なことをあらわす言葉なのです。

記事下

記事下

-生活, 言葉

Copyright© 知って得する雑学・うんちく・裏ワザ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.