雑学・うんちく・裏ワザを紹介するブログ

知って得する雑学・うんちく・裏ワザ

法律 生活 行政

皇居を本籍地にしてもいいんだってよ!

投稿日:

え?皇居を本籍地にできるの?そんな信じられないような話ですが・・・。

そもそも本籍地とはなんでしょうか。

本籍地とは

 本籍地とは、戸籍が保管されている市区町村のこと。明治4年に制定された日本で全国統一様式の戸籍法では、本籍地は実際の居住地で、現在で住民票のような役割も果たしていました。

時代の変化により

 ところが、自由な引越のままならない封建社会と違い、人の移動が盛んな明治時代。これでは不都合なことも多いということで、明治31年に新しく定められた戸籍法により、日本国内ならどこでもよいことに変更されました。現在の法律では、一度決めた本籍地を移すことにも全く制限がありません。実際住めなくても、他人がすでに本籍としていても、他人の土地でも問題ありません。ただ、どこの市町村に属するか決まっていない場所や、地番の設定されていない場所はいけません。それ以外の日本国内の住所のある場所ならならばどこでもOKということで、もちろん皇居でも、国会議事堂でも、東京タワーでもかまいません。
 ただし、どこでもいいからといってあまり遠くにすると戸籍謄本が必要な場合は面倒になります。

まとめ

 本籍地は、日本国内、地番があるところであれば、戸籍に記載される人が任意に定めることができます。つまり、現住所とは無関係に、どこでもかまいません。富士山の頂上や東京ディズニーリゾートだっていいんです!

記事下

記事下

-法律, 生活, 行政

Copyright© 知って得する雑学・うんちく・裏ワザ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.