雑学・うんちく・裏ワザを紹介するブログ

知って得する雑学・うんちく・裏ワザ

学問

「助教授」が「准教授」になった理由

投稿日:

 最近、「准教授」って言う言葉をよく耳にします。「助教授」は聞いたことがありますが・・・。「准教授」とは何でしょうか。

 

「助教授」が「准教授」へ

 いつも間にか教授の下に置かれている職階である助教授ではなく准教授って呼ばれるようになりました。実際現在は「助教授」という職階は存在しません。
 きっかけは、2007(平成19)年4月の学校教育法改正だった。大学教員に「准教授」「助教」「助手」という職階ができました。それまで助教授だった多くが准教授に移行し、助手は仕事内容に応じて助教と助手に分かれました。助教はミズから研究して教壇に立つが、助手は授業や研究の準備など、補助する作業が中心となります。

「准教授」になった理由

 かつての助教授は、国内では自ら研究し教壇にも立っていましたが、教授を助けるのが仕事だと誤解され、さらに、国際的な研究や海外で発表する際に大きな問題となりました。助教授の「助」は英語に訳すと「アシスタント(assistant)」となってしまうからです。教授に次ぐ地位であることをはっきりさせる必要性があったため、英語で「アソシエート(associate)」にあたる「准」の字があてられました。

まとめ

「准教授」とは、「教授」に次ぐ地位にあるものとはっきりさせたもの、それまでは「教授を助ける助教授」という誤解され、国際的な研究や発表などで大きな問題となっていたんですね。

記事下

記事下

-学問

Copyright© 知って得する雑学・うんちく・裏ワザ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.